【笑顔になる】心がポキッと折れそうなときに読む本・マンガ【5選】

心がぽきっと折れそうなときに読む本・マンガ
さくらい

みなさん、こんにちは!さくらいです。

この記事では・・・

悲しく辛い出来事があったとき、

自分の心がポキッと折れそうなとき(折れてしまったとき)に私が読む、

『おすすめの本・マンガ』

を紹介させていただきます。

目次

ポキッと折れてしまう時

悲しい

私がこの世に生まれて、30年とちょっとが経ちました。

こんなにちっぽけな私でも、今までの人生、色々なことがありました。

学生時代はいじめにあったりして、ずっとネガティブな事を考えながら過ごしていました。

(なんで生まれてきちゃったのかな?)

なんて……答えは出ませんが、頭の中でぐるぐるといつまでも考えていたり。

成人したらしたで、がんになってしまって精神がどん底に落ちてしまったり。

生きていると、良いことももちろんありますが、悪いことも少なからずありますよね。

と、こんなことを書いている私ですが、

私は特別、不幸な人間だ!

なんてことは思っていないですよ、決して。

みんなそれぞれ、辛いこと、苦しいこと、悲しいことがあって、気持ちがどん底に落ちてしまうことがあると思います。

人間だから、落ち込まない人なんていないと思っています。

そんなどん底に落ちたとき時、私を助けてくれたものは『本とマンガ』でした。

学生時代はマンガに助けられました。(少年漫画ばかり読んでました)

がんを患ってからは本に助けられました。

今回は、その本とマンガをご紹介したいと思います。

心がポキッとおれそうなときに読む本・マンガ【5選】

本を読む

今回ご紹介するものは、

本『4冊』とマンガ『1冊』です。

どの本も、私を勇気づけてくれました。

偉そうに「本をご紹介!」なんて言っていますが、つい最近まで私は『本が読めない』人間でした(苦笑)

活字を目で追っていると眠くなってしまって、なかなか読み進めることが出来なかったんです…。

でも、これから紹介する本とマンガは、わりとすらすらと読めます。

読みやすいです。

ぜひ、興味のある方は読んでみてください。

人生の結論 

楽天ブックス
¥891 (2024/05/09 11:27時点 | 楽天市場調べ)

人生に迷ったときは、人として美しいほうを選べばいい。楽しいほうを選べばいい。相手が喜んでくれるほうを選べばいい。

人生の結論 ー 小池一夫

【人生の結論】は小池一夫さんが書かれた本です。

小池一夫さんをご存知でしょうか?

小池一夫さんについて
  • 漫画原作者、作家、小説家、脚本家、作詞家
  • 代表作は、漫画原作をされた1970年『子連れ狼』
  • 2010年より開始したTwitterのフォロワーは80万人を超える。
  • 2019年4月、肺炎のため死去(82歳)

幅広く執筆、創作活動をされた方ですね。

私はツイッターをフォローしていました。(現在アカウントは削除されているようです)

たまたまタイムラインに流れてきた言葉に胸を打たれて、すぐにフォローさせてもらいました。

しかし悲しいことに、2019年4月に肺炎で亡くなられたんです。

でも、小池さんの言葉はなくなりません。

胸を打つ言葉は本になって、ずっと残りますからね。

チェックポイント
  • 人間関係、働くこと、自分自身、人への愛、老い、自己実現に悩んでいる方は読んでほしい。
  • 優しさと厳しさと知恵が詰まっている。
  • 物事や人の悩みの本質を一文で表してくれている。
  • 簡潔でわかりやすい文章。
  • 小池さんの名言の後に、小池さん自身の解説を書いているという構成。

難しい言葉もあまりでてこないし、理解しやすい文章です。

スッと心に入ってきて、

(私は、これでいいんだ)

(このままの自分でいいんだ)

と自分の考えていることを肯定してくれていると感じる文章もあれば、

(なるほど、こういう時はこう考えればいいのね)

(そう思って行動すればいいのか)

と気付きを与えてくれる文章もたくさん出てきました。

愛のある本でしたね、人間愛が詰まっている本です。

真剣になれ、深刻になるな。

人生の結論 ー 小池一夫
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

30代主婦。2人の小さな子供がいます。

30歳で子宮頸がんⅠ期に。

ガンの発見から治療の内容、その時々の気持ちを書いています。
また日常の事や、おすすめの日用品や食品、本などをご紹介していきます。

コメント

コメントする

目次